PTAを経験して思うこと

歌手のダイヤモンド☆ユカイさん(以下、長いので「ユカイ氏」と略記)が、ご子息の通っていた幼稚園で2年間、PTA会長をされていたという記事を見ました。この方、名前だけ知っていて、歌は聞いたことなかったですが、ネット記事などで、ジャンル的にはロックシンガーだと知りました。

私も、息子の幼稚園で2年間、PTA会長をやりました。その後、小学校でも2年間、PTA会長をやりました。小学校2年目の任期が間もなく終わるところです。

PTA会長の仕事はと言いますと、頼まれるときには「年3回、入学式・運動会・卒業式でスピーチするだけやで!」と言われて引き受けるケースもあるようですが、実際には、保護者の意見や利害を調整して学校・幼稚園に届けたり、いろんな行事にあたって学校と地域の根回し・調整をしたりなど、結構やるべきことはあります。

零細法律事務所の弁護士と違って、有名ロックシンガーのユカイ氏ですから、仕事との調整が大変だっただろうな、と思います。

 

そのユカイ氏、PTA活動に関してどんなことを言っておられるかというと、「子供達の教育の環境作りにPTAは必要」「心が豊かになり得たものは大きい」という発言が見られます。

これはまさに、私自身がPTA活動をやってきた上での実感でもあります。

具体的な話は長くなりますし、伏せておきますが、学校・幼稚園の運営は、教員のみならず、保護者、さらには地域・行政とも密接に結びついています。

子供たちの好きな(私自身も大好きだった)、運動会等の学校行事や、お祭りなどの地域行事は、そういう結びつきの中で、多くの関係者の協力があって行われていたんだなということを、私もPTA活動を通じて知りました。

そういった社会全体のつながり、関わりと、それが自分の子供や自分自身にどう及んでいるか、それを知っているのと全く意識しないのとでは、物の見方が全く違ってくると思えます。

ユカイ氏が、どういう点で「心が豊かになり得たものは大きい」と思ったかは存じ上げませんが、そういう物の見方ができるようになったという点も、含まれているのではないかと想像しています。

 

私の周囲でも、父親・母親を問わず、「頼まれて断り切れずに引き受けたけど、やってみて初めて、PTAの必要性がわかった」と言う人は多いです。

ユカイ氏だって、無理やりやらされて面倒で嫌な思いをしたのだとしたら、ロックシンガーだけにアナーキーさを発揮して「PTAをぶっ壊せ~」とか歌ってもおかしくないのに(勝手な想像です)、肯定的なコメントを残してくださったことで、我々経験者と同じ思いを通有してくれたと思っています。

PTAに関しては最近、なぜかネガティブな記事が多かったですが、長年関わってきた者として、久々に肯定的な記事に接したと思いました。

投稿者:

Noriyuki_Yamauchi

ただいまテスト中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA