公立女子大学に男性は入学できないのか

安楽死の話の続きを書こうと思っていたら、興味あるニュースに接したのでそちらを先に触れます。

ある男性が、公立福岡女子大学の入試を受けようと願書を出したら受理されなかった、ということを不服として「性差別」を理由に大学を訴えようとしているとのことです(15日、産経朝刊)。

 

国や公的機関は、性別によって国民を差別してはいけないと、憲法14条にも書かれています。私立の場合はその点自由なので、男子校・女子校はたくさんありますが、国公立でそれが許されるのかは、いちおう憲法上の問題となります。

私も学生のとき、憲法の講義で内野正幸教授(現・中央大教授)が「お茶の水女子大学は憲法違反ではないか」という問題提起をされていたのを覚えています。

もっとも、「税金を使って女子だけが入れる大学を作るのはけしからん」というだけで裁判を起こすことはできず、実際に入試を受けようとして拒否された、という不利益処分を受けて初めて提訴できるので、理論的にはともかく「そんな裁判、起こすヤツはおらんやろー」と学生当時は思っていました。

それが今回、実際に起こりそうな状況になりました。

 

いちおう理屈を付け加えると、国公立の女子大学の存在は、旧来あまり教育を受ける機会に恵まれなかった女性に対し、公費を使ってでも優先的に教育の機会を与える、ということで正当化されています。

立場の弱い人、差別されてきた人たちを優遇することで、真の平等を確保するということで、積極的差別是正措置、あちゃら語(浜村淳ふうに)ではアファーマティブ・アクションと言います。

もっとも、それも行き過ぎると「逆差別」の問題が生じます。たとえば鶴橋駅あたりでヘイトスピーチしている連中は「在日韓国朝鮮人を優遇しすぎだ」などと訴えていますが、本題とそれるのでこれ以上は触れません。

 

福岡女子大を提訴しようという男性に話を戻しますが、新聞によると、この人は別に女子大生に囲まれてウハウハしたいと思って願書を出したわけではなく、栄養士になりたいのだそうで、福岡県の公立大学で栄養士の資格を取れるのはこの大学だけだったそうです。

代理人の弁護士は「女性を優遇する意味は失われている」とコメントしています。たしかに、今や男女を問わず、望めばたいていどこかの大学には入れるでしょう。

こんな時代に税金で運営する女子大学を残す意味はあるのか、時代の変遷により積極的差別是正措置がむしろ逆差別になっていないか、この事件はそういう問題を提起しています。

さらに付け加えると、栄養士の資格を取るための公立の女子大学、という存在自体、女性の仕事の固定化を招くものではないか、という問題も含むように思えます。

 

私個人は、古い考え方の人間ですから、女性はある程度は庇護されて当然、と考えるので、国公立の女子大学の存在は問題ないと考えていますが、この問題について、男女同権論者はどう考えるのか、聞いてみたいところです。

安楽死は合法化されるべきか

アメリカで脳腫瘍の女性が、自らの予告通りに安楽死したというニュースがありました。この問題について、日本での法的解釈と、私見について、少し触れます。

この女性は、医師の処方した薬を使って死んだそうです。

報道されているとおりですが、日本の刑法では、死にたいと言っている人に対し致死量の薬品を渡すなどして死なせると、自殺幇助罪が成立します(刑法202条、7年以下の懲役)。また、家族などの要請で、病人に致死量の薬品を注射したりすると、殺人罪になります(刑法199条、最高刑は死刑)。

裁判例では、死期が迫っていて、耐え難い苦痛が生じているような場合、医師が一定の条件のもとで安楽死させるのは合法と解するものもありますが、結論としては「その条件にあてはまらないから有罪」としたものばかりです。最高裁の統一見解のようなものも出ていません。

 

聞くところでは、欧州の一部の国や、アメリカの一部の州では、安楽死が合法化されているそうです。日本は今後、欧米以上の高齢化社会となり、医療費もどんどん増えていくでしょうから、今回のニュースを受けて「本人がいいって言うなら安楽死を合法化していいんじゃないか」と感じた人もいるかも知れません。

しかし、私の考えとしては、明確に反対です。長い将来的にはともかく、現状の日本で安楽死を合法化してしまうと、かなりおかしなことになってしまうと思います。

 

アメリカで安楽死した女性の状況はよく知りませんが、まだ体も比較的元気であり、献身的に支えてくれる夫がいたようです。健康保険のない自由診療の国アメリカで、医師から楽に死ねる薬を入手できたというのですから、おそらく経済的にも裕福な方だったのでしょう。そういう状況であれば、生きるか死ぬかの問題について、熟慮の上で自己決定することも可能でしょう。

しかし、そんなケースはむしろ例外です。

たとえば、一家の中で高齢のおじいさん(おばあさんでもよいですが)がいて、足腰も立たないけど老人ホームに入るほどのお金もないとか、病気で長期入院しているとかで、家族が長年介護しているような状況はザラにあると思います。

そのとき、おじいさんが家族に気をつかって、「もうワシは安楽死する」といった場合、これは本当の自己決定といえるのか。

さらに極端な話をすれば、家族のほうだって介護に疲れてきて、「隣のおじいちゃんは安楽死したんだって」などと言いだし、自分の親に安楽死の決断をさせようとすることも考えうる。これでは、自己決定での安楽死という体裁をとった、単なる殺人です。

 

前回の話の続きみたいになっていますが、日本人は自分自身の合理的な判断に基づいて自己決定を下すということが不得意な人が多いと思えます。

周囲に気をつかって、周囲の空気を読んで、それに合わせるべく自分の行動を考える。それは日本人の美徳でもあると思うのですが、そんな日本において「生き死にを自分で決める」ということを正面から認めてしまうと、実は不本意だけど死なざるをえない、という人がたくさん現れるでしょう。

そういうことで、現状では安楽死の合法化には反対です。余力があれば、次回以降、さらに詳しく述べます。