ハワイにて思ったことなど 2014夏 その5(完)

HISという旅行会社のCMで、親子3人ハワイへ行って、CMの最後に女の子が「まだ帰りたくないなあ」とつぶやくのがありますね。

うちの息子がどう思ったかは知りませんが、私は旅行後半は正直「そろそろ帰りたいなあ」と思っていました。たまっている仕事も気になるし、トイレはどこへ行ってもウォシュレットじゃないですし。私はやはり日本で住むのが一番だと、帰ってきて改めて思いました。

 

その帰りの飛行機の中、持参していた文庫本をあれこれ読んでいて、織田作之助の作品集(ちくま日本文学シリーズ)なんかを読み直したりしていました。

織田作之助といえば、「夫婦善哉」の作者であり、太宰治や坂口安吾と並んで「無頼派」と呼ばれた作家であり、私の高校の先輩でもあります(旧制高津中学、現在の府立高津高校)。

その中に「猿飛佐助」という作品があります。おなじみの忍者の話です。

ストーリーは、佐助というアバタ面の大男の前に仙人が現れて忍術を授け、その後の佐助の修行と諸国漫遊の旅が書かれます。

 

話の中で、仙人が修行を終えて世間に出てゆく佐助に対し、人々と接するにあたっては「人しばしばその長所を喜ばず、その短所を喜ぶものと心得べし」と諭します。得意になって忍術を人前で披露してはいけない、ということです。

佐助は、真田幸村の配下となって信州上田城に出入りし始めますが、忍術を習得していることを決して表に出さず、自分のあばた面をネタにして笑いを取りながら、城内の人々に愛される存在となっていきます。

それで佐助は、仙人の教えは正しかったと痛感するわけですが、同時に「佐助にひそかに恃(たの)む術がなかったとすれば、あるいはその短所のために卑屈になったかも知れず、その時は短所を喜ばれることもなかったであろう」ことも感じます。

つまり、自分は忍術を習得した強い男であるという内に秘めた自信があるからこそ、普段はあばた面をさらしてヘラヘラしている余裕ができたというわけです。

 

私は、そういう態度が日本における理想的な姿勢なのではないかと思っています。

忍術でなくとも、学問やスポーツであれ、また人と議論する論理力であれ、何がしかの能力やスキルは、しっかり持っている。しかしそれらは生きていく上での「ツール」に過ぎないものであって、やたらひけらかすようなものではない。

もっとも、自分の能力に裏打ちされた自分なりの考えというものを全く持たずに、ただ単に他人に気遣ったり迎合したりしているだけでは、本当に中身のない人間になってしまって、日本社会ですら生きていくのが困難かも知れない。

そういうことで、私自身は、アメリカ流の合理主義の良さを理解しつつ、普段は日本人らしい謙虚さや奥ゆかしさ、そして他人への配慮のほうを、まずは重視する人間でありたいと思いますし、息子にもそうなってほしいと思います。

 

結局、最後までまとまらないまま、ハワイの話もほとんど書けていなくてすみません。実はホテルのプールやビーチでぼんやりしていただけでして。それでも息子がプールで顔をつけて浮かべるようになったので、もうそれで充分でした。

終わり。

ハワイにて思ったことなど 2014夏 その4

アメリカ流の合理的な会話というのは、用件を伝えるにはたいへん便利なものです。

話があちこち行って恐縮ですが、私が去年、ハワイアン航空の飛行機でハワイに行ったとき、シャンパンのお代わりを何度も頼んだら、最後には「もうない」と言われました。たぶん私が飲み過ぎたせいです。

今年はスコッチのハイボール(スコッチ・アンド・ソーダと言えば通じるようです)をよく飲んでいたのですが、去年のこともあってお代わりを頼むときに遠慮してしまい、「すみませんが、スコッチはまだありますか」というのは英語でどう言えばいいのだろうと考えてしまいました。

でも、キャビンアテンダントの人たちは多分そんなことを気にしていないので、単に「スコッチ・アンド・ソーダ プリーズ」と言えばよいのだろうと、途中から考えを切り替えて、何度も注文しました。幸い、品切れにはなりませんでした(ちなみに、スコッチの銘柄はデュワーズのようでした)。

 

日本人のこの、何を言うにしてもまず「すみませんが」と相手をおもんばかる心が、自分の思考や認識を相手に伝達するに際して、不必要なワンクッションを置いてしまうのです。そういう社会で育ってきたものだから、日本人は議論が下手なのだと思います。

もっとも、前回書いたとおりで、これはどちらが優れているというものではなく、その国の歴史や風土によって、あるべき会話の態度は異なってくる、というだけの話です。

 

ただ、議論を通じて学問的な探究を突き詰めていくという場面においては、アメリカ流の合理主義というものはきっと強いのだろうなと思います。

今回、青色発光ダイオードの研究でノーベル物理学賞を受賞した中村教授は、かつて勤めていた日本の会社(日亜化学)を提訴し、思っていたほどの和解金を獲得できないと知るや、会社や日本社会に対する文句をさんざん言って、アメリカに飛び出していきました。

(ちなみに私が司法修習生だった約15年前、社会見学で徳島の日亜化学本社に行き、そこの研究者だったころの中村氏の話を聞いたことがあり、また、その後の日亜化学との訴訟では、私の同期の弁護士も中村氏の代理人の一人をやってたりしたこともあって、この件は当時から興味を持っていました)

中村教授の、研究者としての能力はもちろん、何ごとにも臆せず世界に飛び出して自分の能力を世に問うという姿勢は、とても素晴らしいものであり、息子にもそこは見習ってほしいと思います。

しかし一方で、無名のサラリーマン研究者であった中村氏に青色発光ダイオード開発のために巨額の予算を投じたのは、間違いなく日亜化学であり、その恩を忘れて後ろ足で砂をかけて飛び出すようなことをする人間に、うちの息子はなってほしくないとも感じています。

 

夏の終わりにハワイで1週間ほど過ごし、またこのたびのノーベル賞の受賞の報に接して、アメリカ的なものの考え方に対する複雑な思いを抱きました。

次回、話をすべてまとめて完結する予定です。

ハワイにて思ったことなど 2014夏 その3

ずいぶん間が空いてしまいましたが、続き。

前回書いたようなハワイで経験する会話は、アメリカ流の「合理主義」に基づくものなのでしょうが、私は嫌いではありません。事実を端的に伝える、わからないことはわからないとハッキリ言う。私が弁護士という商売をやっていることもあって、それは非常に重要なことだと思っています。

多くの日本人の日常会話は、そうではありません。飲食店なんかの軒先でも「申し訳ありませんが只今満席でして」と、まずは相手の意向に沿えないことを謝罪する文言から入り、「すぐにご用意いたしますので」と、相手の意向に沿うため最大限の誠意を示す言葉が続く。

相手に事実を正確に伝える、ということではなしに、相手が不快に思わないようにする、というのが日本流の会話の要諦です。会話における日本人のこうした態度は、やや大げさに言うと「思考経済」というものに悪影響を及ぼすと思っています。

思考や会話のすみずみに、まずは相手に配慮しないといけない、という考慮が働くため、事実を捉えてそれを相手に伝える、という姿勢が希薄になるのです。そのため日本人は、科学的または哲学的な会話が苦手であり、科学者や哲学者が生まれにくく、育ちにくいと思っています。

 

といっても、私は決して、日本流の思考や会話が、アメリカのそれに比べて劣っていると考えているわけではありません。それらは、それぞれの国の歴史や風土に結び付いて形成されたものであって、どちらが優れているとか論ずべき類のものではありません。

アメリカは、イギリスのはねっ返りの連中が作った国であり、アメリカインディアンやハワイの先住民を虐殺しながら国土を拡げてきました。気に入らないことがあったらどこかへ放浪して、行く先で土地を略奪してきた人たちです。相手を配慮することより、自らの思考を相手にぶつけることを優先する、それが染みついています。

日本人は、狭い国土に収まって、地震や台風に悩まされながら、何とかみんなで力を合わせてお米を作ったりして生きながらえてきました。有史以来、客観的事実とか合理的思考などというものより、みんなが気持ちよく協力して働けることを重んじてきました。

どちらが優れているとも思いません。私がたまたま弁護士だから、アメリカ流の合理主義は機能的には良いものだと思いますが、少なくとも、この日本で暮らしていくには、日本流のやり方のほうが互いに住みよいのでしょう。

 

そんなことを、先日のハワイ旅行を経て、改めて思っていたのですが、つい先日、青色発光ダイオードを発明した中村教授が、日本からアメリカに飛び出して、今年のノーベル物理学賞を取ったというニュースを聞きました。

まとまらないまま、次回へ続く。

ハワイにて思ったことなど 2014夏 その2

ハワイにて感じたことを、脈絡なく書き続けます。

滞在なかばのある日の夕食に、ステーキやらローストビーフばかりの食事にも少し飽きたので、家族でトンカツ屋にでも行こうということになりました(まだ私も若いつもりなので、あっさりしたものが食べたいなどとは思いません)。

それで、日本の資本が経営している、とあるトンカツ屋に、予約の問い合わせを入れると、「予約は取ってないから、とにかく店に来てください」とのことでしたので、午後6時すぎころ、その店に行きました。

かなり繁盛しており、空いているのは店の奥のテーブル一つでした。

 

その店の日本人らしいスタッフが出てきて言うには「奥のテーブルは午後7時から予約が入っているから、7時までならそのテーブルを使ってもらっていいです」とのことでした。

(こっちが問い合わせたときは予約を取ってないと言ってたじゃないか、とは言わないことにしています。一見の客の予約は受けないが、その店にお金をたくさん落としてくれる馴染みの上客なら予約を受け入れる、というのは、資本主義の世の中では当然のことだと思います。それがイヤならそういう店には寄りつかなければよいのです)

つまり1時間弱ならテーブルが空いているわけで、一人で食事するなら充分な時間なのですが、子連れでもあり、あまり慌ただしい食事もどうかと思いまして、私は店員に「料理が出てくるまでどれくらいの時間がかかりますか」と尋ねました。

その店員は「注文の状況にもよりますし、揚げ物のことですから、時間はわからないです」と、極めて明確に答えました。たしかに、店の案内係の店員が、店内の注文の状況やら揚げ物の調理の進行具合まで全て把握しているわけではないでしょうから、考えてみれば当然の回答でしょう。

結局私は「それでは結構です」と言い、店員は「そうですか」とだけ言って、私と家族は店を出ました。

 

私はその店員の言葉に、そのときは何と無愛想な、と感じつつも、改めて思えばずいぶん的確な対応だったと思っています。

これが日本国内なら、店員はまずは「申し訳ありませんが、ただいま満席でして」という言葉から入ると思います。

それでこちらが「どれくらいで空きますか」「どれくらいで料理が出てきますか」と尋ねたら、多くは「すぐにご用意できると思います」と言うでしょう。その結果、すぐに用意してもらえず延々待たされた経験をお持ちの人は多いでしょう。

時間がかかるなら最初からそう言ってくれれば良いのにと思うことが、日本国内ではよくあります。最初からハッキリ言ってくれれば、こちらも対処の仕方を考えることができるのに、と。

ハワイのトンカツ屋の店員は明らかに日本人でしたが、ハワイ暮らしが長いのか、そういう日本的風習は持ち合わせていませんでした。「申し訳ありませんが」とか「すぐにご用意を」などという日本的な言辞は使いませんでした。

おかげで私は、店に入ってからイライラする時間を過ごすことなく、違う店に移ることができたのです。実に合理的な対応というべきです。

 

この話、まだ続く。